ガミースマイルの原因と適応について


原因


1.歯の萌出不全(歯が短く歯茎が長い状態)タイプ

2.上唇周囲の筋肉の動きが影響しているタイプ

3.骨格タイプ

4.複合タイプ

これらの診断には、口元だけでなくお顔全体を見たときのバランス、側面から見たレントゲン画像や、時にはCTによる3D画像分析が重要になります。

それぞれ状態によって治療法が異なります。


1.萌出不全に対して→歯を本来の長さまで露出させる歯周外科処置(歯冠長延長術

          歯茎の長さをより多く短くしたい場合や、歯並びや色、形も変える 

          場合はセラミックを併用します


2.筋肉の動きに対して→筋肉を糸で引っ張り動きを制限する方法 

           筋肉を切断し必要最低限の筋肉量にする方法

           上唇裏側の粘膜を除去し縫い付ける方法(粘膜切除術)  

           

 いずれも外科処置となります。

 また、この症状の場合には対症療法があり、筋肉にボトックス注射をして動きを制限すること

 も可能です。


3.骨格によるものに対してインプラントアンカーを併用した歯列矯正

             インビザライン矯正

             骨切り手術


4.いずれかの処置を併用します