gumdisease_main.jpg

ガミースマイル治療

SUDC-parts02.png
top-gallery6.jpg
  1. 歯の萌出不全(歯が短く歯茎が長い状態)タイプ

  2. 上唇周囲の筋肉の動きが影響しているタイプ

  3. 骨格タイプ

  4. 複合タイプ

原因

line.png
 

これらの診断には、口元だけでなくお顔全体を見たときのバランス、側面から見たレントゲン画像や、時にはCTによる3D画像分析が重要になります。

それぞれ状態によって治療法が異なります。

1.萌出不全に対して

歯を本来の長さまで露出させる歯周外科処置(歯冠長延長術)歯茎の長さをより多く短くしたい場合や、歯並びや色、形も変える場合はセラミックを併用します

2.筋肉の動きに対して

●筋肉を糸で引っ張り動きを制限する方法

●筋肉を切断し必要最低限の筋肉量にする方法

●上唇裏側の粘膜を除去し縫い付ける方法(粘膜切除術)

いずれも外科処置となります。 また、この症状の場合には対症療法があり、筋肉にボトックス注射をして動きを制限することも可能です。

3.骨格によるものに対して

●インプラントアンカーを併用した歯列矯正

●骨切り手術

<歯冠長延長術の術式>

回数:3回 期間:2ヶ月

歯茎を切り、中の歯槽骨を整形し縫合

➡︎抜糸

➡︎歯肉形態の微調整

<歯冠長延長術+セラミック補綴>

回数:6回 期間:3ヶ月

歯を削り仮歯を入れる

(この時仮歯の縁を、歯茎に乗せる形にして実際に切るラインをシミュレーションします)

➡︎歯茎を切り、中の歯槽骨を整形し縫合。仮歯を合わせる

➡︎抜糸

➡︎歯肉形態の微調整と仮歯の調整

➡︎セラミックの型取り

➡︎セラミックのセット

<粘膜切除+ボトックス>

回数:2〜3回 期間:1ヶ月

歯肉と口唇の一部を切除し縫い合わせる

※吸収性の糸で縫うため抜糸は必要ありません

➡︎ボトックス注射

<歯列矯正>

回数:月1来院 期間:2〜3年

一般的な矯正に準ずる

※インビザラインの場合はワイヤー矯正も併用必須とのことでした

➡︎矯正終了時に放出不全になっていれば歯冠長延長術を行います

<骨切り>

回数:2回 経過チェック数回 期間:ダウンタイム6ヶ月

一般的にはルフォーという術式ですが、入院が必要なため、提携の美容外科ではワスムンド(セットバック)という術式で日帰りオペをしています。

ワスムンド法:左右4番を抜歯し、前歯を骨ごとブロックで下げてワイヤーで 固定します。

➡︎ワイヤー除去

費用

line.png
  • 歯冠長延長術:1本30,000円

  • セラミック:1本120,000円、150,000円、200,000円

  • ラミネートベニア:1本70,000円、110,000円

  • 仮歯:1本4,000円

  • 粘膜切除:100,000円

  • ボトックス:25,000円

  • 歯列矯正:700,000円〜

  • インビザライン:800,000円〜

  • 部分矯正:20,000円〜

  • インプラントアンカー:1本25,000円

  • セットバック:2,400,000円