ネイルと同じ!?ダイレクトボンディングとは



ダイレクトボンディングとは


歯科用レジン(樹脂)を歯に接着する治療のことを指します。例えるなら、ネイルのスカルプと似た性質を持ちます。一部の審美歯科ならではの治療と言えるかもしれません。

また、ドクターの美的センスや技術に、最も差が出る治療メニューかもしれません

適応は様々で、

・虫歯で欠損した部分の修復

・銀歯の詰め物を外してダイレクトボンディングで修復する

・すきっ歯を埋める

・ラミネートベニア



など幅広く応用可能な治療方法です。

保険のレジン充填と何が違う?

保険治療でも、レジンでの修復方法が存在します。

非常に似ていますが、治療の成果には大きな差が出ます。

まず、材料の違いです。保険治療では使うレジンに決まりがあります。


 材質はもろく変色しやすい

 色のバリエーションが少ない


したがって、すぐに外れてしまったり、治療直後から色が合っていないといったことが起こりやすいです。

一方で、ダイレクトボンディングは自費治療であり、

世界の歯科メーカーが研究を重ね開発されたレジンを、各ドクターが自由に選択し、

状態に適した材料を用いることが可能です。



また、レジンの強度に影響しているフィラーの含有量が多いため


 強度に優れる

 緻密な性質を持つため変色しずらい

 色のバリエーションが豊富


したがって、比較的どんな歯の色にも合わせられます。

さらには、接着システムです。

歯の表面を処理することで、レジンがくっ付きますが、丁寧にこだわった治療ができるのも自費治療の最大のメリットであります。


クリニックによってこだわりは様々ですが、渋谷宇田川デンタルクリニックでは

ラバーダム防湿をして接着をし、時間をかけて丁寧に磨き上げます。

また、短期間での脱離や色の変更に関しては、補償が付いております。