top of page

歯医者で全身麻酔はできるの?




歯科治療が苦手な方、通院する時間がとれない方、トラウマがあり歯医者が怖い方、寝ている間に一気に治療が終わったら...そう思ったことはありませんか?




歯科治療で全身麻酔は可能?


結論から言うと可能ですが、現実的ではありません。

また、実際に歯科治療で全身麻酔をすることはほとんどありません。




全身麻酔のメリット


完全に意識のない状態にできる


そのため痛みを感じることがなく、

治療時の痛みや不快感などの記憶も残りません。


体が動かなくなるため、治療を安全かつ確実に治療することが可能です。



全身麻酔のデメリット


体の負担が大きい


全身麻酔では完全に意識がなくなるため

人工呼吸によって呼吸管理をします。


治療前は絶飲食、治療後は安静にしなくてはならないため、入院が必要です。



その為十分に設備が整っている医科大学病院や歯科大学病院でのみ全身麻酔を用いた治療が可能です。


念入りな術前検査も必要なうえに高額な費用がかかります。


脳・脊髄・神経系の障害、痙攣、意識レベルの低下などのリスクもあります。




全身麻酔に代わる治療法は?



当院では、静脈内鎮静法を推奨しています。


静脈内鎮静法について


静脈内鎮静法は全身麻酔と違い、眠った後も自発的に呼吸ができます。治療後の回復も早いため入院は不要です。


静脈内鎮静法のメリット


完全に意識がなくなることはないもののあっという間に睡眠状態に入り、治療中の痛み、

キーンという音、独特の匂いすらほとんど気にならなくなります。


そのため一度にたくさんの歯を治療することが可能です。



静脈内鎮静法のデメリット


全身麻酔よりリスクは低いですがゼロではありません。



渋谷宇田川デンタルクリニックの静脈内鎮静法



短期集中治療に力を入れています


当院では短期治療に徹底的にこだわっています。


最短1日で、眠っている間に治療が終わるため歯科治療が苦手な方や、忙しい方にもオススメです。

 

また、「2ヶ月先まで予約が取れません」という状況をなくすために、あえて予約枠を制限しています。だからこそ丁寧かつ早い治療を可能としています。



寝ている間に終わるから痛くない・安心


患者様に寄り添った、丁寧なカウンセリングを心がけています。


また静脈内鎮静法を受けた患者様からは、「しっかり寝ていたので痛みや恐怖を全く感じなかった」「歯科医院への苦手意識がなくなった」といったお言葉をよくいただきます。


▽もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください



まとめ


歯科治療での全身麻酔は

  • 可能だが現実的じゃない

  • デメリットが多い

代替案として

  • 静脈内鎮静法がオススメ

  • 痛みや恐怖を感じないで一気に治療が可能



歯がボロボロになってしまい恥ずかしくて歯科医院に行けない、痛みが忘れられず歯医者が怖い、など歯科医院が苦手な方はたくさんいらっしゃいます。


不安や気になることもカウンセリングでお聞かせください。

最短で終わる治療計画をご提案いたします。








重症虫歯の治療症例はこちらから▽




Comentários


bottom of page