審美歯科とは?歯医者との違いや保険などを詳しく説明します


審美歯科とは?歯医者との違い・行う治療・保険などについて詳しく解説します

審美歯科は、虫歯や歯周病を治すための治療だけでなく、見た目をきれいに整え、健康な口内環境を作ることを目的とした治療もしています。保険診療の範囲に留まらない治療をするのも審美歯科の得料です。


このページでは、一般歯科・矯正歯科との違いや、保険診療・自由診療でできることの違いを説明しながら、「審美歯科ってなに?」という疑問に答えていきます。




一般歯科と審美歯科はなにが違うの?


一般歯科では、健康保険が適用される範囲で虫歯や歯周病の治療することがほとんどです。治療に使える素材は保険で認められたものだけなので、たとえば詰め物(インレー)は、保険で認められている銀歯やレジン(プラスチック)を使います。


いっぽう、審美歯科ではできるだけ天然の歯に見えるように治療をしていきます。さらに、歯を白くしたり、歯並びをきれいに整えたりして、見た目を美しくするための治療もします。こうした治療の多くは保険を適用できないため、自由診療となり費用が高額になります。

  • 一般歯科は基本的に保険適用の範囲で使える材料で治療を行う

  • 審美歯科は見た目の美しさを考慮して治療する。また、美しくすることを目的とした治療も行う




では、矯正歯科と審美歯科の違いは?


矯正歯科では、時間かけて歯並びや噛み合わせを根本から治していきます。ゆっくりと歯を動かし、矯正治療が終わった後には「リテーナー」という装置で歯の位置を固定することもあるため、治療期間が年単位となります。


審美歯科でおこなう歯列矯正は、歯を削って歯並びを整えたり、被せものをしたりして、見た目を整えることに重点を置いています。治療にかかる時間も、矯正歯科より短いことが多くなります。


矯正歯科と審美歯科では目指すゴールは同じでも手法が異なってきますので、治療が始まる前に自分にはどちらが必要なのかを考える必要があります。

  • 矯正歯科は年単位の時間をかけて歯並びや噛み合わせを改善する

  • 審美歯科では口元の美しさを短時間で作ることを目的として、歯を削ったり被せ物をしたりして整えることもある




保険診療と自費診療で治療はどう変わる?


歯科治療の場合、保険診療か自費診療かで、仕上がりが大きく変わります。それぞれのメリット・デメリットと、医療費控除についても説明していきます。



保険診療なら治療費の自己負担は少ない。けれど…


保険診療では、診療にかけられる費用が定められています。患者さんが負担する費用が少ない反面、必要最低限の費用しかかけられないことから、診療に時間をかけたくてもかけられないケースもあるのです。

審美歯科と保険診療・自費診療

被せ物や詰め物に付ける材質も決められています。たとえば、保険診療で使われる銀歯は頑丈ですが、長期間使用していると歯や歯茎が黒く沈着することがありますし、見た目もよくありません。前歯の欠けなどの治療で使われる「レジン(プラスチック)」は、時間が経つとどうしても黄ばんでしまいます。

  • 保険診療による治療は安く済む

  • 見た目の美しさと耐久性に課題がある



自費診療は費用がかかるが、見た目が良くて長持ちする


自費診療になると、治療に使える材料の制限がなくなります。そのため、見た目が美しく耐久性も高い「セラミック」や「ジルコニア」を被せ物・詰め物に使うことができます。


さらに、最新の治療法を取り入れることもできますし、必要に応じて診療・検査にかける時間も増やせます。そのため、より質の高い治療ができるのです。


その分、負担する費用はどうしても高くなります。治療した歯が長持ちすると考えれば、必ずしも高くはないのですが、治療前に十分な説明を受けて、納得してから治療を受けることがとても大切です。

  • 高品質な材料を使うので美しく丈夫な歯に仕上がる

  • 必要に応じて十分な診察・検査ができる

  • 治療費の負担が大きくなる



治療費が年間10万円を超えると医療費控除の対象になる


歯科治療でかかった治療費は、自費診療でも国の医療費控除の対象になることを知っていましたか? 1年間の医療費が10万円を超える場合は、医療費控除の申請ができるんです。


特殊で高額な治療は対象にならないものもありますが、インプラント治療や、セラミックの被せ物などは、一般的に医療費控除の対象になります。意外なところでは、治療のための通院費も対象になるので、しっかり記録を残しておきましょう。


国税庁|医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例

  • 歯科の自費診療は交通費も含め医療控除の対象になる

  • 条件が整えば3割程度戻ってくるので活用しよう




高額な治療にはデンタルローンも検討しよう


審美歯科で行われる治療の中でも、とくにセラミック/ジルコニアクラウンや、インプラント治療、歯列矯正の治療費は高額です。そのため、多くの歯科医院ではデンタルローンを用意しています。


歯科医院が複数のローン会社のプランを用意している場合もありますし、自分でネットなどでローンを契約して治療費を直接受け取ることもできます。


金利はローン会社によって違うので、利用する場合は治療計画を立てる際に歯科医院に相談したり、事前に自身で調べておくとよいでしょう。