口臭の原因は銀歯かも?


銀歯が臭いを招く4つの原因


1. 銀歯の傷に汚れがつきやすい


銀歯の表面というのは実は傷がつきやすく、無数の小さな傷がたくさんついています。

これは古くなればなるほど傷の数も多くなります。


そしてその傷の中に細菌が付着してしまい、歯ブラシで少々磨いたくらいでは落とすことはできません。

このように銀歯の傷にこびりついた細菌が、銀歯の臭いを引き起こす一つの原因になっているのです。


2. 銀歯と歯の境目に汚れが溜まりやすい


歯と銀歯の境目はどんなにピッタリに作っても、ミクロ単位での隙間が存在するものです。

この段差部分が細菌の溜まり場所になってしまい、口臭の原因の一つになります。


3. 銀歯はさびたり変質して汚れが溜まりやすい


銀歯は当然金属ですので、年数が経つと口の中の水や酸でさびたり変質してしまう弱点があります。

すると、銀歯の表面に凹凸ができてしまうことによって、その部分に細菌が溜まり、臭いを放つ原因になってしまいます。


4. 銀歯の接着剤が溶け出して汚れが溜まりやすい


銀歯はセメントと呼ばれるもので歯と接着します。しかしこれは厳密には接着しているわけではなく、銀歯と歯の間の隙間を埋めているだけなのです。


そして、銀歯は歯やセメントよりも硬いため、銀歯の下のセメントを壊してしまうのです。

また、温度変化でも壊れやすい性質を持っています。さらにこのセメントは唾液に溶け出しやすいという特徴もあります。


そのため銀歯と歯との間に隙間ができてしまい、汚れや細菌が入り込み虫歯ができやすく、臭いの元となってしまいます。


審美歯科では白くて強度の高い素材を取り揃えております。

銀歯をセラミックやジルコニアに交換することができますので、

ぜひ一度、検診やクリーニングの際に、相談してみてください。