ガミースマイルの治療 〜矯正〜 動画説明有り


過蓋咬合、骨格によるものに対して→インビザラインによる歯列矯正

                インプラントアンカーを併用した歯列矯正

            

過蓋咬合とは、下の歯が隠れるほどに上の歯が覆い被さっていて、噛み合わせが深い状態を指します。これは、下顎が小さいために上の前歯が動いて挺出してしまっていることがほとんどです。

過蓋咬合の場合は、歯列を整えるとガミースマイルも改善されます。

また、この場合インビザライン矯正が最も良い治療法になります。

骨格性の場合、ミニインプラントを使ったワイヤー矯正で上の前歯を上方に動かします。

その後、歯列の改善のためにインビザラインに移行することも可能です。

※ 当院のような審美歯科では、矯正終了時に放出不全になっていれば歯冠長延長術を行うこと

 が可能です。

 

<歯列矯正> 回数:月1来院 期間:2~3年   

          一般的な矯正に準ずる