あなたの銀歯の下は大丈夫?


銀歯の寿命は個人差がありますが何れにしても長くはありません。


銀歯のは、時間が経つと劣化して溶け出していきます。金属なので噛む力によってたわんだり、熱によって膨張収縮することもあります。


それらの結果、銀歯と歯の間に隙間が生じて虫歯菌が入り込み、銀歯の下が虫歯になってしまいます。


唾液により溶け出した金属が、体内に取り込まれることでアレルギー反応が発生することがあります。


口内炎や舌炎などの口腔内の症状だけではなく、血液の循環で全身に回るため発疹などの症状が現れることもあります。


では、どうしたらいいのか?


セラミックやジルコニアなどの生体に優しい素材を使用しましょう。


強度に優れ経年劣化もほとんどないセラミックは、咬合によるたわみや熱による膨張収縮も少なく歯との間の隙間が生じにくいため虫歯再発のリスクを軽減できます。


変色も少なく、金属ではないので歯茎の黒ずみや金属アレルギーの心配もありません。


また表面が硬く傷がつきにくいセラミックは汚れが付着しにくいという特徴もあり、長期間きれいな状態を保つことができます。


審美歯科に行って、相談してみましょう。